メニュー
閉じる

イオンモール多摩平の森の取り組み

安全・安心への取り組み

イオンモールは、東日本大震災の教訓から、お客さまの安全・安心をより強固にするため、「災害に強い施設づくり」をめざすとともに、また万一被災した際に、早期に地域の復興拠点施設のひとつとしての機能を回復することができるよう、耐震並びに震災対策に取り組んでいます。

1.耐震性能の更なる強化

  • 有事において、天井からの落下物が広範囲に発生し甚大な被害とならないよう、建築基準法に基づき耐震性能を強化しています。また、防煙垂壁は、耐震仕様や軽量不燃シートタイプとするなど、安全性向上に努めています。
  • 受水槽は、耐震性ならびに耐久性を考慮した強度を有しており、有事の際の断水時には、飲料水を確保することも可能です。

2.被災時の復興拠点としての機能確保

  • 震災時の緊急対応を想定し、「お客さまの安全・安心」のためのセキュリティシステムの防災電源や給水電源はもちろんのこと、セキュリティシステム、防災センターやイオンモール事務所などの主要な管理諸室、また、イオンの食品売場などに、非常用発電機による電源供給を最優先で確保し、いち早く地域の災害支援施設となるように努めます。
  • 断水・停電状態であっても、受水槽内(約110㎥)の飲料水を利用できるよう、受水槽には緊急用給水取出口を設置しています。

  • デジタルサイネージを使った情報発信
    近隣県における震度5弱以上の地震、テロ、噴火、台風や大規模降雨などの非常災害時に、1F「ぬく森ガーデン」に設置したデジタルサイネージを緊急テレビ放送に切替え、お客さまへ速やかに情報を伝達します。

3.異常気象への対応

ゲリラ豪雨対策

近年多発するゲリラ豪雨に対し、建物への雨水の進入を防ぐべく、周辺地域における過去最大降雨量に基づき、時間150㎜の降雨に耐えられる雨水排水計画としました。また、外構雨水排水計画においては、日野市の基準に基づき、雨水浸透水槽や雨水浸透トレンチを設置するなど、雨水流出量の抑制を図りました。

環境保全・地域、社会貢献活動への取り組み

当モールでは、“人と環境に配慮したモール”の実現に取り組んでいます。環境保全の取り組みとして、サインや照明へのLED採用によるCO2の削減や空調熱源の弾力運転を行うことで、熱源負荷の効率化を実現しています。

また、グループ各社の加盟する「(一財)イオンワンパーセントクラブ」を通じ、「環境保全」「国際的な文化・人材交流・人材育成」「地域の文化・社会の振興」を柱にさまざまな活動に取り組んでいます。

1.環境及び省エネルギー関連の取り組み

省エネルギー機器の採用、LED器具の採用を積極的に行ない、従来の建物と比較して大幅なエネルギー消費の抑制・CO2排出抑制に努めます。

空調における省エネルギー化と機能維持の新たな取り組み

  • 当モールの空調熱源は、1つの機能を複数台で構成する機器(モジュール)を用い、館内滞留人数に合わせた柔軟な運転制御を行うことで省エネルギー化を実現します。また、複数台で構成しているため、内1台が故障した場合でも、他の機器によるバックアップにより機能を維持することが可能です。
  • 各種機器の温度管理には空冷式の機器を採用することで、従来の水冷式と比べ、水資源を大幅に節約するとともに、一次エネルギーには電力を使用することで、有事の際にも他のライフラインと比較し、復旧時間の短縮が可能です。
  • 喫煙室の換気には人感センサーを導入します。人の在・不在を感知し、ファンの風量を変更することで、効率的な運用を行います。

LED器具の積極採用

館内共用部の照明、外部サイン及び核店舗であるイオン多摩平の森店では、LEDを100%採用しています。また、各専門店も大部分がLED器具を採用しており、全館統一して消費電力の削減、CO2排出抑制に努めます。LED器具の導入により従来と比べ、約40%の照明消費電力の削減効果が期待できます。

雨水浸透による健全な水循環

浸水被害の軽減、健全な水循環の回復に寄与すべく、雨水浸透貯留槽・浸透トレンチ・浸透性舗装などにより敷地内の雨水は下水道には流さず、全て地中に浸透させる計画としています。

自然光の有効利用

「陽だまりのアトリウム」及び「ぬく森ガーデン」の天井全面に、自然光を最大限に活用することで、照明の消費電力削減に努めています。

屋上緑化の積極採用

屋上部分に約3,500㎡の緑化エリアを導入し、建物の断熱性能を高めるとともに、空調負荷の低減化を図り、使用エネルギーの削減に努めます。

電気自動車充電器の設置

電気自動車充電エリア(急速充電器1台、普通充電器1台)を3F駐車場内に設置しています。

節水型衛生器具の採用

節水型便器を採用することで、トイレ内洗浄水量を抑制しています。また、利用者の意思に反して、必要以上に洗浄水を流すことを防止するため、洋式便器は従来の自動洗浄装置に替え、手動洗浄装置を導入します。

2.生物多様性・景観

既存樹木の保存

ケヤキやイチョウなどの既存樹木のうち、約50本をそのままの姿で保存し、「多摩平の森」の景観を守り続けることで、遠景からの景観や緑豊かな沿道景観の形成に寄与しています。

遊歩道の整備

敷地北側・東側には、既存樹木を保存した緑地帯を整備し、「多摩平の森」の面影を残した安全で健やかな歩行空間を整備します。

屋上ビオトープ

4F「丘の原っぱ」には、屋上ビオトープを導入。環境学習や環境保護啓発にも役立つよう、「生きもの共生事業所」の認証を取得しました。(2015年2月現在)

大幅な緑化率の向上を実現

敷地面積の約25%に当たる約7,800㎡(地上部約4,300㎡、屋上約3,500㎡)の緑化を実現します。

3.地域との調和・環境デザイン

外装デザイン

多摩の丘陵地をイメージしたステップガーデンは、立体的な緑化空間を創出し、小さく細分化された壁面は、建物の圧迫感を低減し、街並みとの自然な融合を演出します。

森のステージゲート(メインエントランス)

駅前通りの賑わいと交流の生まれる場所となる機能を備え、多摩平の自然や生活文化を印象付ける空間として、集いの場となるメインエントランスを演出し、皆様をお出迎えします。

ぬく森ガーデン

モール中心には、1Fから3Fをつなぐ大きな吹抜空間の「ぬく森ガーデン」を配し、多摩平の森の木をモチーフに、大きな木々に囲まれた雰囲気と自然の光が降り注ぐ、緑豊かで居心地のよい空間を提供します。

「四季の森ガーデン」

3Fに設ける「四季の森ガーデン」は、四季折々の様々な表情を見せる樹種を選定して植樹し、いつでもご来店いただいた際には、異なった表情が感じられる屋上庭園です。お子さまが安全に遊べるプレイスペースや、屋外ならではのイベントの実施も予定しています。

「森のキッチンコート」

1Fに設けるフードコートは、多摩平の森と木々の間に降り注ぐ木漏れ日をイメージした空間を演出し、落ち着きのある空間でゆったりとお食事をお楽しみいただけます。

「煉瓦の街」の歴史を継承した外構

「旧日野煉瓦製造所」に代表される「煉瓦の街」日野市の歴史にちなみ、外構に煉瓦を用いることで、日野市の歴史を継承した施設としています。

イオンホール

約380㎡、最大収容人員320人の規模を誇る多目的ホール「イオンホール」を設置します。地域の新たな交流の場としての活用を予定しています。地域のグループなどの会合、展示会や発表会、大学や企業などの会議や見本市など、多目的にご利用いただくことができます。

よさこいデッキ

西側レストラン街の屋上階には、豊田駅北口から延びるメインストリートで、毎年夏に開催される地域の夏の風物詩「ひのよさこい祭」を、眼下で見ることが出来るスペースを設け、夏の一大イベントを盛り上げる一助となれるよう努めてまいります。

毎月11日の「イオン・デー」

イオンは、毎月11日に「イオン・デー」を開催しています。地域のボランティア団体を応援するために、お客さまが投函される黄色いレシート合計金額の1%相当の品物を贈呈する「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」を実施します。さらに従業員が店舗周辺などの清掃を行う「クリーン&グリーン活動」など、様々な地域貢献活動に取り組みます。

進化するユニバーサルデザイン

イオンのショッピングモールの基本は、年齢・性別に関係なく皆さまに便利さを感じて頂くことです。すべてのお客さまが満足でき、楽しく過ごすことを可能とする快適さの演出を追求しています。また、私たちはショッピングモールが単にモノやサービスを提供するだけの場ではないと考えています。コミュニティ拠点として、地域に望まれ、そこに暮らす人々の生活をより豊かにすることに貢献し、ご高齢の方、お体の不自由な方、赤ちゃん連れの方など訪れるすべての人々が快適にショッピングを楽しめる、「人と環境に配慮したショッピングモール」であることが重要であると考え、2005年に大型商業施設としては初めて本格的にユニバーサルデザイン(以下「UD」)を導入して以来、積極的に研究を重ねています。

1.お客さまを目的地までスムーズに誘導します

誘導サイン

色・サイズ・表現方法などについて、年齢・性別・国籍・障害の有無に関わらず全てのお客さまが利用しやすいよう、各法令遵守はもちろん、独自で改良を重ねて、より見やすく、より分かりやすくしています。

インフォメーション

インフォメーションカウンターは、多方向からアプローチできるよう、また車イスやベビーカーをお持ちのお客さまもスムーズにご利用いただけるよう、多機能カウンターとし、1F中央部に設置しています。また、多言語化したインフォメーションのご利用案内を設置します。

2.誰もが安心してご利用頂くことができる、居心地の良い空間を提供します

優先トイレ、キッズトイレ

トイレ内部に音声によるレイアウト案内を設けている「優先トイレ」は、1~3Fに各1箇所、外部レストラン棟に1箇所の合計4箇所設置し、その内、外部レストラン棟を除く3箇所にオストメイト対応便器を設置しています。また、お子さまに合わせたサイズの便器、手洗いなどを設置した「キッズトイレ」も、3Fに1箇所設置しています。

ベビールーム

授乳室を設け、ミルクをつくるためのお湯なども準備したベビールーム(赤ちゃん休憩室)は1~3Fに各1箇所、合計3箇所設置しています。

AED(自動体外式除細動器)

3台のAEDを設置し、専門店従業員などに対しては、AEDの使用方法について講習会を実施し、従業員の誰もが緊急時にサポートできるよう取り組みます。

ハートビルインターフォン

介助が必要なお客さまのために、1F風除室2箇所に、インターフォンを設置。また、インフォメーション内には車椅子を配備しています。

ベンチ

館内各所には、ゆっくりと休めるように休憩スペース(ソファーベンチ等)を設置したほか、各フロアの随所にカフェ店舗を導入し、ショッピング途中の休憩場所としてご利用いただけます。

お体の不自由な方専用の駐車場

お体の不自由な方専用の駐車場を全体で20台を設置。さらに、その内3F駐車場内の9台分については健常者の方が停める事を防止するため、リモコン開閉による「ゲート方式」としています。

安全・安心への取り組み

イオンモールは、東日本大震災の教訓から、お客さまの安全・安心をより強固にするため、「災害に強い施設づくり」をめざすとともに、また万一被災した際に、早期に地域の復興拠点施設のひとつとしての機能を回復することができるよう、耐震並びに震災対策に取り組んでいます。

1.耐震性能の更なる強化

  • 有事において、天井からの落下物が広範囲に発生し甚大な被害とならないよう、建築基準法に基づき耐震性能を強化しています。また、防煙垂壁は、耐震仕様や軽量不燃シートタイプとするなど、安全性向上に努めています。
  • 受水槽は、耐震性ならびに耐久性を考慮した強度を有しており、有事の際の断水時には、飲料水を確保することも可能です。

2.被災時の復興拠点としての機能確保

  • 震災時の緊急対応を想定し、「お客さまの安全・安心」のためのセキュリティシステムの防災電源や給水電源はもちろんのこと、セキュリティシステム、防災センターやイオンモール事務所などの主要な管理諸室、また、イオンの食品売場などに、非常用発電機による電源供給を最優先で確保し、いち早く地域の災害支援施設となるように努めます。
  • 断水・停電状態であっても、受水槽内(約110㎥)の飲料水を利用できるよう、受水槽には緊急用給水取出口を設置しています。

  • デジタルサイネージを使った情報発信
    近隣県における震度5弱以上の地震、テロ、噴火、台風や大規模降雨などの非常災害時に、1F「ぬく森ガーデン」に設置したデジタルサイネージを緊急テレビ放送に切替え、お客さまへ速やかに情報を伝達します。

3.異常気象への対応

ゲリラ豪雨対策

近年多発するゲリラ豪雨に対し、建物への雨水の進入を防ぐべく、周辺地域における過去最大降雨量に基づき、時間150㎜の降雨に耐えられる雨水排水計画としました。また、外構雨水排水計画においては、日野市の基準に基づき、雨水浸透水槽や雨水浸透トレンチを設置するなど、雨水流出量の抑制を図りました。

環境保全・地域、社会貢献活動への取り組み

当モールでは、“人と環境に配慮したモール”の実現に取り組んでいます。環境保全の取り組みとして、サインや照明へのLED採用によるCO2の削減や空調熱源の弾力運転を行うことで、熱源負荷の効率化を実現しています。

また、グループ各社の加盟する「(一財)イオンワンパーセントクラブ」を通じ、「環境保全」「国際的な文化・人材交流・人材育成」「地域の文化・社会の振興」を柱にさまざまな活動に取り組んでいます。

1.環境及び省エネルギー関連の取り組み

省エネルギー機器の採用、LED器具の採用を積極的に行ない、従来の建物と比較して大幅なエネルギー消費の抑制・CO2排出抑制に努めます。

空調における省エネルギー化と機能維持の新たな取り組み

  • 当モールの空調熱源は、1つの機能を複数台で構成する機器(モジュール)を用い、館内滞留人数に合わせた柔軟な運転制御を行うことで省エネルギー化を実現します。また、複数台で構成しているため、内1台が故障した場合でも、他の機器によるバックアップにより機能を維持することが可能です。
  • 各種機器の温度管理には空冷式の機器を採用することで、従来の水冷式と比べ、水資源を大幅に節約するとともに、一次エネルギーには電力を使用することで、有事の際にも他のライフラインと比較し、復旧時間の短縮が可能です。
  • 喫煙室の換気には人感センサーを導入します。人の在・不在を感知し、ファンの風量を変更することで、効率的な運用を行います。

LED器具の積極採用

館内共用部の照明、外部サイン及び核店舗であるイオン多摩平の森店では、LEDを100%採用しています。また、各専門店も大部分がLED器具を採用しており、全館統一して消費電力の削減、CO2排出抑制に努めます。LED器具の導入により従来と比べ、約40%の照明消費電力の削減効果が期待できます。

雨水浸透による健全な水循環

浸水被害の軽減、健全な水循環の回復に寄与すべく、雨水浸透貯留槽・浸透トレンチ・浸透性舗装などにより敷地内の雨水は下水道には流さず、全て地中に浸透させる計画としています。

自然光の有効利用

「陽だまりのアトリウム」及び「ぬく森ガーデン」の天井全面に、自然光を最大限に活用することで、照明の消費電力削減に努めています。

屋上緑化の積極採用

屋上部分に約3,500㎡の緑化エリアを導入し、建物の断熱性能を高めるとともに、空調負荷の低減化を図り、使用エネルギーの削減に努めます。

電気自動車充電器の設置

電気自動車充電エリア(急速充電器1台、普通充電器1台)を3F駐車場内に設置しています。

節水型衛生器具の採用

節水型便器を採用することで、トイレ内洗浄水量を抑制しています。また、利用者の意思に反して、必要以上に洗浄水を流すことを防止するため、洋式便器は従来の自動洗浄装置に替え、手動洗浄装置を導入します。

2.生物多様性・景観

既存樹木の保存

ケヤキやイチョウなどの既存樹木のうち、約50本をそのままの姿で保存し、「多摩平の森」の景観を守り続けることで、遠景からの景観や緑豊かな沿道景観の形成に寄与しています。

遊歩道の整備

敷地北側・東側には、既存樹木を保存した緑地帯を整備し、「多摩平の森」の面影を残した安全で健やかな歩行空間を整備します。

屋上ビオトープ

4F「丘の原っぱ」には、屋上ビオトープを導入。環境学習や環境保護啓発にも役立つよう、「生きもの共生事業所」の認証を取得しました。(2015年2月現在)

大幅な緑化率の向上を実現

敷地面積の約25%に当たる約7,800㎡(地上部約4,300㎡、屋上約3,500㎡)の緑化を実現します。

3.地域との調和・環境デザイン

外装デザイン

多摩の丘陵地をイメージしたステップガーデンは、立体的な緑化空間を創出し、小さく細分化された壁面は、建物の圧迫感を低減し、街並みとの自然な融合を演出します。

森のステージゲート(メインエントランス)

駅前通りの賑わいと交流の生まれる場所となる機能を備え、多摩平の自然や生活文化を印象付ける空間として、集いの場となるメインエントランスを演出し、皆様をお出迎えします。

ぬく森ガーデン

モール中心には、1Fから3Fをつなぐ大きな吹抜空間の「ぬく森ガーデン」を配し、多摩平の森の木をモチーフに、大きな木々に囲まれた雰囲気と自然の光が降り注ぐ、緑豊かで居心地のよい空間を提供します。

「四季の森ガーデン」

3Fに設ける「四季の森ガーデン」は、四季折々の様々な表情を見せる樹種を選定して植樹し、いつでもご来店いただいた際には、異なった表情が感じられる屋上庭園です。お子さまが安全に遊べるプレイスペースや、屋外ならではのイベントの実施も予定しています。

「森のキッチンコート」

1Fに設けるフードコートは、多摩平の森と木々の間に降り注ぐ木漏れ日をイメージした空間を演出し、落ち着きのある空間でゆったりとお食事をお楽しみいただけます。

「煉瓦の街」の歴史を継承した外構

「旧日野煉瓦製造所」に代表される「煉瓦の街」日野市の歴史にちなみ、外構に煉瓦を用いることで、日野市の歴史を継承した施設としています。

イオンホール

約380㎡、最大収容人員320人の規模を誇る多目的ホール「イオンホール」を設置します。地域の新たな交流の場としての活用を予定しています。地域のグループなどの会合、展示会や発表会、大学や企業などの会議や見本市など、多目的にご利用いただくことができます。

よさこいデッキ

西側レストラン街の屋上階には、豊田駅北口から延びるメインストリートで、毎年夏に開催される地域の夏の風物詩「ひのよさこい祭」を、眼下で見ることが出来るスペースを設け、夏の一大イベントを盛り上げる一助となれるよう努めてまいります。

毎月11日の「イオン・デー」

イオンは、毎月11日に「イオン・デー」を開催しています。地域のボランティア団体を応援するために、お客さまが投函される黄色いレシート合計金額の1%相当の品物を贈呈する「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」を実施します。さらに従業員が店舗周辺などの清掃を行う「クリーン&グリーン活動」など、様々な地域貢献活動に取り組みます。

進化するユニバーサルデザイン

イオンのショッピングモールの基本は、年齢・性別に関係なく皆さまに便利さを感じて頂くことです。すべてのお客さまが満足でき、楽しく過ごすことを可能とする快適さの演出を追求しています。また、私たちはショッピングモールが単にモノやサービスを提供するだけの場ではないと考えています。コミュニティ拠点として、地域に望まれ、そこに暮らす人々の生活をより豊かにすることに貢献し、ご高齢の方、お体の不自由な方、赤ちゃん連れの方など訪れるすべての人々が快適にショッピングを楽しめる、「人と環境に配慮したショッピングモール」であることが重要であると考え、2005年に大型商業施設としては初めて本格的にユニバーサルデザイン(以下「UD」)を導入して以来、積極的に研究を重ねています。

1.お客さまを目的地までスムーズに誘導します

誘導サイン

色・サイズ・表現方法などについて、年齢・性別・国籍・障害の有無に関わらず全てのお客さまが利用しやすいよう、各法令遵守はもちろん、独自で改良を重ねて、より見やすく、より分かりやすくしています。

インフォメーション

インフォメーションカウンターは、多方向からアプローチできるよう、また車イスやベビーカーをお持ちのお客さまもスムーズにご利用いただけるよう、多機能カウンターとし、1F中央部に設置しています。また、多言語化したインフォメーションのご利用案内を設置します。

2.誰もが安心してご利用頂くことができる、居心地の良い空間を提供します

優先トイレ、キッズトイレ

トイレ内部に音声によるレイアウト案内を設けている「優先トイレ」は、1~3Fに各1箇所、外部レストラン棟に1箇所の合計4箇所設置し、その内、外部レストラン棟を除く3箇所にオストメイト対応便器を設置しています。また、お子さまに合わせたサイズの便器、手洗いなどを設置した「キッズトイレ」も、3Fに1箇所設置しています。

ベビールーム

授乳室を設け、ミルクをつくるためのお湯なども準備したベビールーム(赤ちゃん休憩室)は1~3Fに各1箇所、合計3箇所設置しています。

AED(自動体外式除細動器)

3台のAEDを設置し、専門店従業員などに対しては、AEDの使用方法について講習会を実施し、従業員の誰もが緊急時にサポートできるよう取り組みます。

ハートビルインターフォン

介助が必要なお客さまのために、1F風除室2箇所に、インターフォンを設置。また、インフォメーション内には車椅子を配備しています。

ベンチ

館内各所には、ゆっくりと休めるように休憩スペース(ソファーベンチ等)を設置したほか、各フロアの随所にカフェ店舗を導入し、ショッピング途中の休憩場所としてご利用いただけます。

お体の不自由な方専用の駐車場

お体の不自由な方専用の駐車場を全体で20台を設置。さらに、その内3F駐車場内の9台分については健常者の方が停める事を防止するため、リモコン開閉による「ゲート方式」としています。

文字サイズ
縮小
標準
拡大
フロアガイド
フロアガイド
アクセスインフォメーション
アクセスインフォメーション
区切り
多摩平の森3周年祭(詳しくはこちら)
多摩平の森3周年祭(詳しくはこちら)
多摩平の森3周年祭(WEBチラシはこちら)
多摩平の森3周年祭(WEBチラシはこちら)
リニューアル2017
リニューアル2017
イオンスタイル多摩平の森
イオンスタイル多摩平の森
イオンのおトク
区切り(求人)
求人情報
求人情報
区切り(インフォメーション)
催事スペースご案内
催事スペースご案内
キッズ施設のご案内
キッズ施設のご案内
もりフェスバックナンバー
もりフェスバックナンバー
区切り
ブラックフライデー2017【WEBチラシはこちら】
ブラックフライデー2017【WEBチラシはこちら】
ブラックフライデー2017
ブラックフライデー2017
smart WAON
smart WAON
はじめてのWAON
はじめてのWAON
アジア障がい者支援募金
アジア障がい者支援募金
おのくん
おのくん
イオン保険サービス
イオン保険サービス
イオンカード
イオンカード
暮らしのマネーサイト
暮らしのマネーサイト
献血
献血
イオンハウジング
イオンハウジング
日野市ロケ地マップ
日野市ロケ地マップ
ひの新選組ポイント
ひの新選組ポイント
日野市
日野市
イオンのおトク(スマホ)